FC2ブログ

★めざそう!ちきゅうにやさしいLIFESTYLE

今年の夏はとても暑かったですね。首都圏では35℃以上の猛暑日が7月に5日、8月に7日合計12日もありました。暑さだけでなく上陸した台風も5ケあり、神奈川県でも7月27日から29日にかけて台風12号による強風(三浦市では最大瞬間風速25m)と大雨(降水量が1時間に30mmを越える激しい雨)、高波に見舞われました。

今年の気象を異常気象と気象庁も言っていましたが、そうでしょうか?異常気象とは30年に1回くらい起こる気象と定義しています。異常があれば正常もあるのでしょうか・・・今年の夏の暑さみたいな気象は地球温暖化によってもたらされた日常の気象と私は考えています。来年はもっと涼しくなるだろうなんて考えない方が良いと思います。

猛暑日を減らす緩和策はもちろんですが、真夏日や猛暑日、熱帯夜の増加など日々の暮らしでは適応策が不可欠ですが、何ができるのでしょうか?

神奈川県HP 地球温暖化と適応策
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/cnt/f536377/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アジェンダ21

Author:アジェンダ21
神奈川県地球温暖化防止活動推進センター
NPO法人かながわアジェンダ推進センター

http://www.kccca.jp/

カウンター
最新記事
リンク
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示