★人類が創った一番最初の自動車は?

1769年、蒸気機関を使った蒸気自動車でした。では、その次に登場した自動車は? 実は、今主流のエンジン自動車ではなく、1873年に登場した電気自動車だったんです。1986年にはエンジン自動車も登場しましたが、電気自動車は、モーターとバッテリーで簡単に作れ、メンテナンスも容易、排ガスもなく、スイッチ一つで簡単に動き(以前は、エンジンを始動させるのは大変でした)、エンジンの効率が20~30%なのに対し、モーターの効率は80~90%。19世紀末には電気自動車が数多く普及し、エジソンは電気自動車こそ車社会の本命だと考えていました。
 その状況を変えたのは、20世紀初めに発見された石油によりエンジンの燃料が安く供給されたことと、1908年にエンジン自動車T型フォードが大量生産で安く販売されたことでした。それにより、エンジン自動車は爆発的に売れるとともに、技術がどんどん進み、エンジン自動車の方がスピードも含め、優れたものになるとともに、ガソリンスタンドのインフラも整備されて行き、今のようなエンジン自動車全盛の時代になったのです。
 当時の電気自動車は、バッテリーが弱くてトロトロとしか走れず、競争に負けて衰退して行ったのです。最近になって、その状況を変えたのは、日本人が発明した強力なバッテリー=リチウムイオン電池でした。強力なバッテリーを得た電気自動車は、今やトロトロと走るものではなく、加速性能はエンジン自動車を上回るほどです。もう少しバッテリーが強力で大容量になり、数多く売れて安くなり、インフラが整備されて行けば、エジソンが考えたように、環境に良い電気自動車の時代が来るかも知れませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アジェンダ21

Author:アジェンダ21
神奈川県地球温暖化防止活動推進センター
NPO法人かながわアジェンダ推進センター

http://www.kccca.jp/

カウンター
最新記事
リンク
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示