★私の節水術

一年の季節をあらわす二十四節季には水にかかわる季語が七つもあります。私たちはそれだけ水を身近に感じ水の恵みに感謝し大切にしてきました。元旦には若水を汲んで神棚に上げる家もあることでしょう

前の東京オリンピックが開催されたころの水道普及率はまだ40%くらいでしたからこの間に蛇口をひねるだけで出てくる水道の水の有難みを忘れかけてはいませんか

神奈川県広域水道企業団のデータでは1㎥の水が家庭の蛇口に届くまでに加えられたエネルギーにより発生する二酸化炭素は0.18㎏になります

県民一人が一日に使用する水道水は296リットルです。その内訳は洗濯16%、風呂24%、トイレ28%、炊事23%、であり、水道水の使用目的から見ると植栽に散水する分と調理飲食に使われるものを除いてほとんどが洗浄用になっていることがわかります。
このような用途にコストとエネルギーをかけた水道水を使うのはもったいないですね。

使われた水のほとんどが下水道に流されますが下水処理場では浄化処理と汚泥処理に多大な電気エネルギーが投入されています。
下水処理工程で発生する二酸化炭素は廃水1㎥あたり0.3㎏(横浜市下水道)なので上下水道で合わせると0.48㎏にも達してます。

そこで私の行っている水使用での二酸化炭素削減対策を紹介します。
ハードウエア;節水コマ、節水タイプのシャワーノズルの使用、蛇口にレバー取付、雨水タンク設置。浴室に井戸水水栓の設置、
ソフトウエア;こまめに止めて垂れ流しを減らす、浴槽内の水を汚さないようにして、洗濯に利用、洗濯はまとめ洗い、すすぎ水の少ない洗剤の使用、トイレは外で、
植栽や庭への散水に雨水や井戸水を利用、

皆様はどんなスマートな節水術をしていますか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アジェンダ21

Author:アジェンダ21
神奈川県地球温暖化防止活動推進センター
NPO法人かながわアジェンダ推進センター

http://www.kccca.jp/

カウンター
最新記事
リンク
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示