★温暖化と共存するライフスタイル

 近年首都圏を中心に大雨による洪水や土石流の発生、大雪による集落の孤立、高速道路の不通などの被害が多発しています。これは数十年に1回くらいのめったに起きない災害とのことですが、気象異変に対する準備不足が原因でしょう。

 一方、地球温暖化に目を向けると、従来二酸化炭素の排出を低減しようとする緩和対策に注力してきました。しかし、この緩和策が容易に効果を挙げられないことが解ってきたので、IPCC最新報告書原案を受けて横浜市は温暖化の進行を前提として、これに対処する適応対策に着目しています。

具体的には、災害ハザードマップを作るとかメディア利用による情報の収集、提供などを通して「温暖化と共存するライフスタイル」を構築しようとの考えです。このような視点から温暖化に備えることも、災害準備と同じように大切になってきました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アジェンダ21

Author:アジェンダ21
神奈川県地球温暖化防止活動推進センター
NPO法人かながわアジェンダ推進センター

http://www.kccca.jp/

カウンター
最新記事
リンク
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示