★毒性が報告されているレアメタルが中国大陸から飛来・蓄積していることが判明

東北大学と愛媛大学の研究チームは、八幡平の山岳湖沼において、アンチモン(Sb)やインジウム(In)などこれまで耳慣れなかった微量金属(レアメタル)が中国大陸から大気降下物として飛来し、その蓄積速度がここ30年間で急激に増加していることがわかった、と発表した。八幡平山岳湖沼の湖底堆積物分析から明らかにした。

また、中国大陸由来の大気降下物にはリンや窒素などの栄養塩が含まれており、手付かずの自然と考えられていた八幡平の山岳湖沼でも富栄養化が進行していることを示した。

SbやInは液晶パネルやLEDの生産に用いられているが、人に対する毒性も報告されている。今回の研究成果は、わが国の生態系や人の健康に及ぼす中国大陸由来の大気降下物の影響解明が喫緊の課題であることを指摘する。

これまで、生態系について近過去(100~200年前までの過去)の様子や現在に至る変遷・変化はモニタリングデータがないため知るすべはなかった。

この問題を克服するために、東北大学大学院生命科学研究科の占部城太郎教授の研究チームは、愛媛大学の加三千宣講師・槻木玲美研究員らと共同で、湖底から柱状堆積物を採集し、鉛放射性同位体及びセシウム放射性同位体を用いた年代測定と堆積物に含まれるプランクトン遺骸や化学物質の分析を詳細に行うことで過去100~200年間の湖沼の生物相の復元や環境の変遷を解明するための技術開発を行なっている。

今回、日本の山岳湖沼の現状の近年の変化を把握するモニタリング研究の一環として、それら技術を用いて八幡平の八幡沼と蓬莱沼の環境変化を解析した。

研究の結果、八幡平での堆積が明らかとなったSbやInの他、錫(Sn)、ビスマス(Bi)といった微量金属は、日本での採掘は現在行われていない。Sb、In、Sn、Biは中国での生産が多く、また石炭燃焼とともに浮遊微粒子(エアロゾル)として大気に放出される。これらの堆積は中国大陸起源とする浮遊微粒子が広く飛散し、大気降下物として日本列島に飛来・蓄積したものと捉えている。

出典:環境ビジネス→http://www.kankyo-business.jp/news/003857.php?utm_source=mail&utm_medium=mail121211_d&utm_campaign=mail

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アジェンダ21

Author:アジェンダ21
神奈川県地球温暖化防止活動推進センター
NPO法人かながわアジェンダ推進センター

http://www.kccca.jp/

カウンター
最新記事
リンク
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示