10/1 「温暖化対策法案」環境省、廃案を検討

環境省は先の通常国会で継続審議になった地球温暖化対策基本法案を廃案にする検討に入った。法案は「2020年までに温暖化ガス排出量を1990年比25%減らす」との目標を明記しているが、政府の中長期のエネルギー戦略と整合性が取れなくなった。環境省は「廃案にして数値を新たに作るか、与野党で修正協議するか。何らかの対応が必要だ。」としている。

出典:日本経済新聞(10月1日朝刊)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アジェンダ21

Author:アジェンダ21
神奈川県地球温暖化防止活動推進センター
NPO法人かながわアジェンダ推進センター

http://www.kccca.jp/

カウンター
最新記事
リンク
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示